弁護士に相談する

弁護士交通事故被害における後遺症の認定はいろいろと面倒なものですが、それでもきちんと適切な等級の認定を受けていないと貰えるはずの保険金や示談金などが貰えなくなってしまいます。後遺障害が残ってしまうとなると今後の生活にどのような影響が出てくるかも分かりませんし、できるだけたくさんお金を貰っておきたいと考えるのはごく普通でしょう。後遺障害の申請と適切な等級の獲得のためには弁護士に相談したほうがスムーズに事が進むことが多いですから、一度弁護士に相談してみるというのもおススメです。

弁護士と被害者請求を行うことでさまざまなメリットを得ることができますし、覚えておいて損はありません。具体的にどのようなメリットがあるのかということですが、まずは後遺障害の認定がされやすいというメリットがあります。自分で被害者請求をした場合だと認定されないこともあるのです。また、治療費の受け取りを前倒しすることもできますし、慰謝料の増額が望めるというのも大きなメリットと言えるでしょう。さらに、弁護士が面倒な手続きに関してもすべて代行してくれますから本人は面倒なことをしなくて済みます。これも非常に大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

後遺障害の認定

診断書後遺障害の認定についてご存知の方もおられるでしょうが、これは交通事故被害による後遺症が等級に認定されることを言います。基本的に将来において回復の見込みのない後遺障害の場合に等級が認定されるのですが、認定を受ける等級によって保険金や慰謝料が変わってきます。後遺症認定を受ければ通常よりも高い保険金が支払われたり、慰謝料も高くなることがほとんどですから、適切な等級の認定を受けるということが大切になってきます。適切な等級で認定を受けていないと本来貰えるはずの保険金ももらえませんから注意が必要です。

認定の手続きですが、まずは医師に後遺障害の診断書を作成してもらう必要があります。後遺障害診断書を作成してほしいと言えば作ってくれるはずです。ただし、症状固定となっていることが大前提となりますから、まだもう少し様子を見たいと医師に言われてしまうこともあります。次に被害者請求を行うのですが、被害者請求をする場合には自賠責保険の請求書類が必要となります。交通事故証明書、支払い請求書兼支払指図書、印鑑証明なども必要となりますから、これらの書類をそろえて自賠責保険会社に送付します。認定結果は申請した保険会社から郵送で通知されます。最後に弁護士について説明します。

後遺症の種類

障害一口に交通事故被害の後遺症と言ってもさまざまな種類があります。代表的なものだとむちうちによる障害が挙げられますが、これはむちうちによって痛みや痺れといった症状が残ってしまう神経障害の一種です。むちうちによる障害は交通事故被害における後遺症の中でももっともポピュラーなものと言えますし、知っている方は多いのではないでしょうか。病院では頸椎捻挫や外傷性頸部症候群などと呼ばれています。また、上肢や下肢の障害としては関節の機能障害が挙げられ、事故が原因で関節の動きが悪くなった、完全に動かなくなってしまったなどさまざまな障害が挙げられます

交通事故被害による後遺症は何も体に影響を及ぼすものばかりではありません。精神の障害もありますし、高次脳機能障害はその中でも代表的なものと言えるでしょう。交通事故によって大きな衝撃を脳に受け、脳が損傷したことによってさまざまな被害を受けてしまうものです。一見回復したように見えるのですが、実際には人格に変化があったり記憶力が以前より落ちてしまったりとさまざまな症状が挙げられます。注意障害や遂行機能障害などさまざまな行動障害を引き起こすこともありますし、ほかにもいろいろな障害があります。

交通事故被害の後遺症

道を歩いているだけでも交通事故に遭ってしまうことはありますし、交通事故被害に遭ってしまったことが原因で未だに治療のために病院へ通っている、という方もいます。このようなことは誰にでも起きる可能性がありますし、常に明日は我が身だと思っておかねばなりません。軽度な交通事故ならまだしも、自動車が絡むような事故になると生命を脅かされることもありますし、重大な後遺症が残ってしまうということも考えられます。

苦しんでいる後遺症が残ってしまうと当然日常生活に影響を及ぼすことも考えられますし、今まで当たり前のようにできていたことができなくなってしまうことも考えられるでしょう。これまでのように体を動かすことができなくなってしまったり、簡単にできていたことができなくなるような可能性もあります。実際に交通事故被害に遭った方の中にはこうした後遺症に未だに苦しめられている方がたくさんいますし、事故によって突然平穏な日々を奪われた方は大勢います。

非常に恐ろしい交通事故の後遺症ですが、実際にはどのような症状が挙げられるのか知らない方は多いでしょう。また、後遺障害の認定についても知らないという方は少なくありませんし、適切な等級獲得のために何をすればいいのか分からないという方もいるはずです。そこで、このサイトでは交通事故被害による後遺症についてさまざまな情報を発信しますから、少しでも興味を持った方はぜひ最後まで目を通してください。